超基本的だけど分かっていない日焼け止めの塗り方を教わりました

昨日はお外でバーベキュー大会をしました。

晴れていてホント気持ち良かった~!でも、お天気が良すぎてちょっと疲れたかな。

日差しが強くて、何だか夏みたいでしたよ。

気を抜いていると、あっという間に日焼けするシーズン到来ですね。

お肉を食べながら、「そろそろ紫外線対策を本格化せねば!」と思いました。

そういう訳で、さっきから紫外線対策がらみの検索をしています。

そしたら、ツルンとした顔のお姉さんがやっている美容動画を見つけました。

職業はエスティシャン。

やっぱり肌がきれいですね~まるでゆで卵みたいです。

お姉さんのキュートさに惹かれて、「日焼け止めの塗り方」に見入ってしまいました。

のほほんと見始めたのですが、冒頭の「腕の出ている所や首筋を、外出先で塗るのはタブー」という解説に、ちょっとドキッとしたわ。

しまった…やっているよ。

「バス停とか電車待っている間とかに塗っている人、いますよね?」って、お姉さん、私の事言っている?日焼け止めは、塗ってすぐに効果を発揮する訳ではないそうです。

つまり効果が出るまでに時間差があり、外で塗っていては、効果が出るまでに日焼けしてしまう危険が大きいとの事。

お姉さんによると、日焼け止めは出掛ける15分前までに塗るのがベストだそうです。

つまり効果が出るまで、15分はかかるという事ね。

15分って結構長い…充分日焼けしてしまう長さだよね。

確かに家の中から塗って行った方が良いわ。

外出時間が長い時は、塗り直しも忘れてはいけないそうです…。

これも面倒臭くて、私はやっていません…。

紫外線は溜まると老化の原因になります。

つまり日焼け止めは、肌を黒くなるのを防ぐだけではなく、未来の自分を守るためにも必要。

何だかお姉さんに、シミジミ諭された感じですこういう超基本的な事って、分かっているようで、実は分かっていないのよね…。

優しく教えてもらえるこの動画を見たら、ちょっとお姉さんのファンになってしまいました。

言いつけを守って、これからは正しく日焼け止めを使いたいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ