冬の乾燥対策には優しい洗顔と丁寧な保湿が重要

冷え性で乾燥肌の私は一年の中で一番冬が苦手です。
顔だけでなく体中かさかさしてしまうし、頑張って自分では保湿しているつもりなんですが、なかなか乾燥肌から抜け出せなくて、イヤになってしまいます。

化粧品は高保湿タイプを使っているし、体にもオイルやクリームを塗るようにしています。
でも、厳しい冬の乾燥には太刀打ちできなくて、自分の肌に触れるのも悲しくなってしまいます。

そんな時にネットの動画サイトで美容関連の動画を見ていたんです。
たまたま乾燥対策についてのもので、とても参考になりました。
色々教えてくれていたのが皮膚科の先生ということもあって、信憑性が高いなと思ったんです。

まず、目からウロコだったのが、乾燥対策には保湿より前に洗顔が重要だってことです。
洗いすぎや洗い方が間違えていると、乾燥肌がひどくなるんだそうです。

洗顔前にホットタオルで顔を温めると良いそうです。
血行を良くして毛穴をゆるめる作用があり、汚れ落ちが良くなるそうです。

これはやったことがなかったことなので、純粋に試してみたいと思いました。
確かに冬の朝の洗顔は起きてすぐだと顔が冷え切っていますから、汚れ落ちも良くないですよね。

そして、乾燥のために私は冬はぬるま湯洗顔オンリーだったんですが、やはり皮脂は分泌されているから、Tゾーンくらいは洗顔料を使った方がいいとのことです。
乾燥を防ぐためにあえて洗顔料を使わずにいたのですが、逆に良くないと知ってこれも改善していきたいです。

基本の洗顔プラス保湿で乾燥が防げるそうです。
クリームの塗り方のレクチャーは実際に先生がやっている所を見て、あんな風に手でしっかりクリームを温めるといいんだなと、勉強になりました。

また、お風呂で石鹸を使って洗うのは2日に1回というのも驚きの事実でした。
毎日石鹸を使って洗っていましたが、逆にそれが乾燥を招いていたんだなとわかって改めていきたいです。

洗顔と保湿、どちらも勉強になることばかりで、今年の冬は乾燥とは無縁になれるかもと楽しみになりました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ